『ウェディングドレス・セレクト・ガイド』は、あなたのとっておきのウェディングドレス探しをお手伝いするウェディングドレスの情報サイトです。

<TOPICS>

ウェディングドレスの基礎知識

» ウェディングドレスとは
  ・ドレスが白なわけ
  ・「白」の持つ意味とは

» ウェディングドレスの種類

« ホーム

ウェディングドレス・セレクト・ガイド

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクをお貼り下さい。バナーが必要な方は上のバナーをご利用下さい。

ウェディングドレスとは

ウェディングドレスの基礎知識

ウエディングドレスとは、挙式や披露宴で花嫁が装うトラスのことです。

正式なウエディングドレスは純白で、ヘッドドレスをつけ、胸元や肩はあまり出さない方が好ましいとされています。ウェディングドレスは無垢な花嫁を象徴する純白のドレスが一般的ですが、最近ではカラードレスを選ぶ方もいるようです。

ウェディングドレスが白なわけ

花嫁が結婚式で着るウェディングドレスといえば白色ですよね。しかしもともとは、ウエディングドレスの色に決まりはなく、女性たちはさまざまな色のドレスをウエディング用として着用していたといいます。現在では、ウエディングドレスは結婚式のときだけのものとなっていますが、当時は、結婚式後もリフォームなどをして着続けていました。そのためには、白いドレスよりも色ドレスのほうが、のちのち利用しやすいという面があり、色ドレスのほうがウエディングドレスとして着用されることが多かったといいます。

では、白色のウェディングドレスを着るようになったのはいつ頃からなのでしょうか。この習慣の火付け役はイギリスのヴィクトリア女王といわれています。ヴィクトリア女王は1837年から1901年まで王位につき、イギリスの最盛期を現出させた女王です。彼女は1840年に自身の結婚式を挙げる時、白シルクのウエディングドレスと手織りレースのベールを身に纏い、頭にはオレンジの花飾りをかぶりました。この様子が新聞や雑誌などで大々的に取りげられると、ミドルクラスの女性たちが次々に、白のウェディングドレスを身に纏うようになったのです。

「白」が持つ意味とは

白のウエディングドレスが絶対的な支持を得たのは、白色が持つ象徴性にも追うところが多いようです。白は「純潔」「無垢」「純真」などを表現し、白のウエディングドレスは花嫁が処女であることを意味していると考えられました。
ヴィクトリア時代、花嫁は処女であることが絶対条件でした。そのことをわかりやすく、視覚的に表したのが白のウエディングドレスだったのです。また、白はどんな色にも染まりやすいという性質があり、それが「あなた色に染まる」という解釈に結びつけられ、ますます象徴性を帯びるようになったのです。

一方、日本ではどうだったのでしょうか。日本でも白無垢が花嫁衣裳として一般化しています。日本では白は神聖な色と考えられ、ヨーロッパと同様、「純潔」「清潔」「無垢」などを象徴する色でした。白無垢は神事の時に着る斎服の流れを汲むものではないかといわれています。もともと結婚式は神に仕える儀式だったという説があり、花嫁は白い着物を着て神事を行ったというわけです。また、白い着物は葬儀の時に着るものでもあったことから、結婚式で白い着物を着るのは、婚家に骨をうめる覚悟を表したものでもあったとされています。

ちなみに、白無垢におけるウエディングベールともいえる綿帽子は、もともとは老女が防寒用あるいは塵除けにかぶっていたものです。それが美しく整えられ、婚礼の際にも使われるようになったといわれています。花嫁は綿帽子で顔を隠し、三三九度のあとに綿帽子をとって顔を見せるのです。

Valuable information

千葉の不動産を無料で査定

Last update:2018/6/22

page top

ウェディングドレスの基礎知識|ウェディングドレスとはウエディングドレスの種類

ウェディングドレス選ぶ前に|事前チェックポイントショップ回りのポイント|ドレス別インナー選び

ウェディングドレス選び方|ドレス選びのポイント体型・会場別選び方オーダーorレンタルサイズの選び方

ウェディングドレス小物選び|小物の選び方

ホーム

Copyright(c) 2008 Weddingdress Select Guide. All rights reserved.