『ウェディングドレス・セレクト・ガイド』は、あなたのとっておきのウェディングドレス探しをお手伝いするウェディングドレスの情報サイトです。

<TOPICS>

 

ウェディングドレスの選び方

» ドレス選びのポイント

» 体型・会場別選び方
  ・体型別おすすめドレス
  ・会場別おすすめドレス

» オーダーorレンタル

» サイズの選び方

« ホーム

ウェディングドレス・セレクト・ガイド

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクをお貼り下さい。バナーが必要な方は上のバナーをご利用下さい。

ウェディングドレス体型・会場別選び方

ウェディングドレスの選び方

ウェディングドレスは体型や会場との調和も大事。

体型別おすすめウェディング

■背が高くてやせ型のあなた
いわゆるモデル体型の方。基本的にどんなタイプのドレスでも着こなしてしまいます。そんなあなたは、ブライダルインナーなどで上半身にボリューム感を出して女性らしいラインを作って下さい。張りのある素材で全体に厚みを感じさせるのがベスト。上半身にモチーフをあしらった立体感のあるものもおすすめです。シンプル過ぎると貧弱なイメージになりやすいので注意が必要です。レースやパールなどを使って華やかに見せる工夫をしましょう。

■背が高くてぽっちゃり型のあなた
上半身に横幅を感じさせないようにするのがポイントです。オフショルダーなどで肩をすっきりと出し、ウエストから下はゆったり広がったタイプならスリム効果大。細すぎるシルエットは、より大柄に見えるので避けたほうが無難です。また、見逃せないのがベールの効果。おすすめなのは円形のベールです。平面的な作りなのでボリュームを出す事なく、直線的ですっきりとした印象にまとまります。

■背が低くてやせ型のあなた
背の低さはある程度ヒールでカバー。ドレスはAラインシルエットのものを選ぶことで、縦のラインが強調されるので背高効果が期待できます。フリルなどで体型をカバーして優しい雰囲気を演出しましょう。ただ胸元に大きな花やリボンがあると背が低く見えてしまうのでご注意を。
また、ベールも体型カバーに一役買います。コームの部分にたくさんギャザーの入ったボリュームのあるタイプを選ばれると良いでしょう。ギャザーによってコーム部分が立ち上がってふんわりとふくらみ、柔らかな雰囲気を作ることが出来ます。

■背が低くてぽっちゃり型のあなた
上半身はシンプルに、スカート部分はふわっと広がったデザインがおすすめです。ただ、スカートにギャザーがたっぷり寄せてあるデザインだと横から見た時に、おなかが目立ってしまう場合もあります。それを防ぐにはギャザーが両サイドのみに施されたドレスを選ぶと良いでしょう。
おなかのあたりはすっきりと平らで腰の部分だけ適度にふくらむのでどの角度から見てもウエストのくびれがきれいに出せます。また、ウエストラインをV字で切り替えると上下にメリハリがついてすっきりした印象に。
ベールも体型カバーに一役買います。おすすめは円形のベール。ボリュームを出すことなく、直線的なラインですっきりとしたイメージが演出できます。

会場別おすすめウェディングドレス

■教会式
肌の露出を避けてフルレングス、ハイネック、長袖がもっとも正式な装いですが厳粛な教会でも最近はそれほどうるさくないようです。ロマンチックなイメージが先行していますがキリスト教における結婚の意味を学び、失礼のない装いで挑むことを忘れないで下さい。ベールと手袋は必ず、着用して下さい。

【キリスト教式について】
キリスト教は大きく分けて、プロテスタントとカトリック、ふたつの宗派があります。
一般的にカトリックのほうが戒律が厳しく、信者以外の人が挙式する場合は、事前に結婚講座を受けるなど条件を提示される場合が多いです。また、原則的に離婚を認めていないのもカトリックの特徴。
日本のホテルや式場にある教会ではプロテスタントでとり行うのが一般的です。

■ホテル・結婚式場の披露宴会場
照明演出が充実してスポットライトをあびる広い披露宴会場では、ボリュームのあるドレスが映えます。離れて座るゲストにもアピールできるような存在感を意識したドレス選びをおすすめします。華やかで、少し大げさな位の装飾があるドレスを選びましょう。照明によってキラキラと美しい光を放つスパンコールやスワロスキーを多く使ったドレスがおすすめです。ベールなどの小物使いも重要な役割を果たします。ドレスをぐっと引き立ててくれる小物選びはプロの意見も参考にしましょう。

■レストラン・ガーデンウエディング
レストラン・ガーデンウエディング 限られたスペースなので、まず動きやすさを念頭において下さい。軽やかに動ける素材とデザインを選びましょう。トレーンも足さばきを考える短いタイプのAラインやスレンダーラインのシンプルなドレスがおすすめです。ゲストとの距離が近いだけに素材にはこだわりましょう。

■海外挙式
日本からドレスを持っていくのなら、しわになりにくい素材のものを選びましょう。シルクは大変しわになりやすいので持ち運びには不向きです。
スレンダーラインやマーメイドライン・細身のAラインなどパニエがいらずおすすめです。
パニエが必要なドレスの場合は海外挙式対応の折りたたみが出来て軽いものを選んで下さい。ヨーロッパの大聖堂で式を行う場合は宗教上の決まりごともあるので必ず確認してからドレスを選んで下さい。

recommend

免許 合宿
https://www.shinshu-ina.com/

2014/10/10 更新

page top

ウェディングドレスの基礎知識|ウェディングドレスとはウエディングドレスの種類

ウェディングドレス選ぶ前に|事前チェックポイントショップ回りのポイント|ドレス別インナー選び

ウェディングドレス選び方|ドレス選びのポイント体型・会場別選び方オーダーorレンタルサイズの選び方

ウェディングドレス小物選び|小物の選び方

ホーム

Copyright(c) 2008 Weddingdress Select Guide. All rights reserved.